ブログトップ
真夏の神戸
先週から延期になっていた、甥っ子姪っ子を連れての神戸ぶらぶら
仕事を少し早めに切り上げ、バスに乗り駅前まで出て1dayチケットを使い、まずは子供たちを迎えに高砂まで。
その後は舞子公園(海上プロムナード) ~ 元町中華街 ~ ポートタワー ~ 人と防災未来センター

炎天下を歩き疲れた帰りは・・・
何年も前から行きたかった店で一杯
d0003646_11375345.jpg
d0003646_11403956.jpg
生ビールから「馬刺し、ポテトサラダ、水ナス浅漬け、桜海老かき揚げ」
メインの焼酎は、
d0003646_11383432.jpg
d0003646_11393066.jpg

「日南娘黒」
「千刻蔵の隠し玉」若潮酒造のPB
「日南娘新聞巻」平成6年
「丹宗12年古酒」木場酒造
「くらら」
「松露」
どれもこれも湯割にていただくが、?と思うものもいくらか・・・
[PR]
by nakayama119 | 2009-08-12 23:23 | Comments(9)

Commented by まな at 2009-08-13 12:15 x
もう焼酎の品揃えで人を呼べる時代は、終わったように思いますよね。
いろいろ飲んでみても口に合わないのはあるでしょうね。
Commented by タンタンさん at 2009-08-14 06:50 x
おはようございます。
いろいろな本当に美味しい銘柄を飲まれているから銘柄名にはだまされないというところでしょうか。
丹宗、松露なんかがいい感じだったかも(笑)
Commented by びあんこ at 2009-08-14 11:22 x
この中ですと新聞巻きは一回呑んでみたいかなぁ…。ところでこのお店、料理もなかなかに見受けられますが、東方面でしょうか??
Commented by 通りかがり at 2009-08-14 13:26 x
「日南娘新聞巻」が飲めましたか・・
焼酎バーではありえますが、見たところそんな感じの店ではないような・・
“簡単”に飲めるのを考えると、焼酎ブームが下火になったのを感じますね。
ところで「日南娘新聞巻」のお湯割り一杯の値段いくらですか?
写真で見る器はそう大きくないような・・
Commented by nakayama119 at 2009-08-14 16:00
まなさん
そうですね。
ここは、そんなに銘柄は多くないです。
その中から、〝飲んだことのないもの〟中心にしたのですが、壱岐焼酎を飲むのを忘れていました・・・・

タンタンさん
「丹宗」12年古酒とのことでしたが、生で飲むと角が取れてまろやかですが、湯割ではパンチ不足でした。
普通の「丹宗」も買って飲んでいたので、興味はなかったのですが〝12年古酒〟に釣られました(笑)

びあんこさん
新聞巻・・・当たり前ですが「日南娘」のまろやか版的でした。
140/144とは、普通には買えませんね。
ここは、地元ですよ~
名前は、御夫婦でやられていまして、20名ほどのキャパなので宣伝はしていないようです。
駅裏の病院近くです。

通りかがりさん
ここにあるのは知っていたのですが、まだ残っているとは思っていませんでしたので、嬉しかったですね。
普通にカウンターに置いてあるのですが、気付く方がいないらしいのと興味がないのか注文がなかったらしいです。
1杯の値段は¥600だったと思います。
カップはφ9cm深さ7cmくらいでした。
Commented by びあんこ at 2009-08-14 18:17 x
えっ?地元ですか???
江尻の南側の東西の筋でしょうかね????もしよろしければ情報くださいませ。是非、行ってみたいです。
Commented by nakayama119 at 2009-08-14 19:28
びあんこさん
携帯メールしました。
Commented by タンタンさん at 2009-09-02 07:23 x
飲み仲間が新聞巻、新聞巻とうるさいので今度お邪魔してみることにしました。
近くはよく通るのですが銘柄飲みでお店にお邪魔したことはないのです。まだ残ってるといいな(笑)
Commented by nakayama119 at 2009-09-03 16:40
タンタンさん
新聞巻、残っていると言いのですが・・・
焼酎を飲んでいる方が多くないので、あるかな。
←いいと思ったら押してください