ブログトップ
<   2005年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

←いいと思ったら押してください
Hahaがダウン
「族」 大手門酒造

これは、先日までNHKで放送していた〝わかば〟のロケ地になった宮崎県日南市にある蔵元『大手門酒造』で作られており、これ以外にも個性のある新しい焼酎を次々と出してきている。
また、宮崎市内にはアンテナショップの【アルデバラン】を出店し大手門酒造の全焼酎を無料で試飲できる。
この「族」は、黒麹を使い濾過をせず旨み成分を残し芳ばしさとコクのある味わいになっている。

ところで、横にある〝お粥〟は、Hahaが今朝からダウンしこれしか食べられない状況になっており、今年になっての10日目くらいの禁酎日だ。
d0003646_1926286.jpg

[PR]
by nakayama119 | 2005-03-31 19:27 | Comments(3)

←いいと思ったら押してください
赤霧島
「赤霧島」 霧島酒造

〝ムラサキマサリ〟の芋を使い一昨年に発売になった。
甕に貯蔵した1年半物は、甕の効果は見られず、そのままの味、風味となっている。
隣の5合瓶は昨年に出たもので、ここらのスーパーには定価を切った値段で売られていたものである。
で、また先日に入荷しだし、1178円で売っている。
味だが芋の臭い!良い臭いが出ておらず、ラベルに書いてあるようにポリフェノールを多く含んだせいか、赤ワインのような香りがする。
だから甕の中、座敷には多くの赤霧が・・・・
d0003646_1845364.jpg

[PR]
by nakayama119 | 2005-03-30 18:55 | Comments(1)

←いいと思ったら押してください
なかむら
「なかむら」 中村酒造場
このラベルには、
    〔芋農家〕コガネセンガン(松山町・津曲福美氏)
    〔米農家〕ヒノヒカリ    (霧島町・今村 勉氏)
    〔仕込水〕霧島連山伏流水
    〔麹菌〕手作りこうじ   (㈱河内源一郎商店)
    〔杜氏〕杜氏歴50年   (金峰町・宇治野 正)  
                           との記述がある。

これは昨年に宮崎の某酒店で、「みやのつる(泡盛)」・「天草(米焼酎)」との抱き合わせ6700円で購入したもの。
それ以前には、鹿児島の酒屋にて「なかむら」を含み6本定価での購入。
そして今日、「甜」・「なかむら」・「はなたれ(銘柄忘れた)」・「おすすめ芋焼酎」の4本で11500円(込々)で購入。
自分では定価、定価に近い値段で購入しているつもりなのだが・・・d0003646_2111533.jpg  
[PR]
by nakayama119 | 2005-03-29 21:13 | Comments(4)

←いいと思ったら押してください
飲んでもた
節酎中なのにHaha(奥さん)に嫌な事があり、飲みたいとの事で飲んだ。
この町では買えない(定価)焼酎なのだが、宮崎に行った時に必ず寄る酒屋にはいつも普通に置いてある。
最初に行った時は、棚から取るのに〝これ、いいんですか?〟と聞いたくらいに、こちらでは売っていない。

宮崎焼酎らしく?やさしい味わいの中に、しっかりと芋の香り味わいがあり、いくらでも飲めるひょっとして危ない?焼酎なのか・・・
ひとたび、食卓に出せば見る見る間に減っていく1瓶である。
「萬年 白」
d0003646_19432356.jpg
 
[PR]
by nakayama119 | 2005-03-23 19:44 | Comments(4)

←いいと思ったら押してください
芋だけ
芋だけで作った焼酎4本
「いも麹・芋」 26度 国分酒造
「いも麹・芋3年貯蔵」 32度 国分酒造
「蘭」 25度 黄金酒造
「宝山 芋麹全量」 28度 西酒造

米麹を使わないで、芋だけで作った焼酎。
2000年仕込みの「いも麹・芋3年貯蔵」がお気に入りだったが、「宝山 芋麹全量」の旨さにはけいれいっ ('◇';ゞもの。
昨日に買った「蘭」は、湯割お気に入りの私にはイマイチのような・・・
d0003646_18545058.jpg

[PR]
by nakayama119 | 2005-03-22 18:56 | Comments(0)

←いいと思ったら押してください
予約で購入
d0003646_20391439.jpg「萬年無濾過 大地の夢」  渡邊酒造

新種の芋〝大地の夢〟を使った新しい焼酎で、宮崎に行った際に偶然予約ができ購入したもの。
口を付けると目まで隠れそうな大き目の湯割カップで6:4湯割にし味見を。
芋の香りが思いっきり鼻をつき、口の中ではいろんな味が混ざった荒いうまみ成分が濾過されずに残っており、長く余韻が残り深い味わいがある。
芋芋っとした芋臭い重いもの好みの私にはハナマルもので、もう少し余分に予約をしておけばよかったと後悔している一瓶である。
気になるのは価格・・・3200円
せめて2800円まで下がらないものか。
[PR]
by nakayama119 | 2005-03-19 20:40 | Comments(0)

←いいと思ったら押してください
思わん時に手に入った(棚からボタ餅?違うか・・・)
「佐藤白麹」鹿児島県姶良郡の佐藤酒造
“霧島連山の麓に位置する佐藤酒造が、大自然によって育まれた水の恵みを得て・・・・”の如く、旨みある焼酎(味のうんちくは書かない)

この焼酎は、二女の試合の応援の行った際に焼酎探しの酒屋巡りで入った酒屋で、ご主人と焼酎談義になり色々と持って帰って来たうちの一本。
娘の3年間の宮崎での学生生活で、私が20回訪宮したうちで鹿児島まで足を伸ばしたのは、僅かに4回・・・今思えばもっと活発に動けば良かった(x_x;)シュン
しかし、「佐藤黒」「佐藤白」足を運び、でもないか、あきらめずに探していれば見つかる!
と思う(・_・")?
d0003646_19114833.jpg

[PR]
by nakayama119 | 2005-03-17 19:13 | Comments(0)

←いいと思ったら押してください
禁酎中なんで飲んでない
d0003646_19201456.jpg「森伊蔵」ご存知プレミア焼酎の王様。
正規の販売店以外では、なかなか定価では買えないので、電話抽選での販売ルートがある。
全国から何万?もう一桁上か?の申し込みがあるようで、昨年の偽物事件以来、申込件数が何倍?何十倍になってしまい、抽選申込電話自体が繋がり難くなってしまった。

この1本は昨年の3月に毎月12本の申込電話のうち、9ヶ月目にやっと当たったものである。
プレミア価格最高で40000円くらいの値段が付いている。
うまいのはうまいが到底、こんな価格で買う気はない。
手に入れた人のうち何人が実際に飲んでいるのか?ほとんどの方が飲んでいると思いたいが、インターネットオークションをみるとかなりの本数の伊蔵が売りに出ている。
今月も15日から申し込みが始まっているが、繋がらない。
[PR]
by nakayama119 | 2005-03-16 19:26 | Comments(0)

←いいと思ったら押してください
今日、これを買うたで
「兼八」 大分県四ツ谷酒造
この辺の酒屋、スーパー、コンビニで流通している〝〇〇ちこ〟とは
違うはだか麦を使用し、蒸留も減圧ではなく常圧蒸留を行っている。
d0003646_18504693.jpg

うまいものは皆よく知っておられ、また昨今の焼酎ブームでこの兼八
も手に入れ辛い一瓶になっているのだが、偶然にも四ツ谷酒造のホー
ムページを覗いたときに全国の特約店一覧が出ていた。そこになんと
我街に一軒の取扱店があったのだ。
当然、買いに走ってもらった(近くの親戚のおば様です)が、日本酒圏
のこの地においても「兼八」の威力は衰えず、予約でしか買えない状
況で2ヶ月待ったが一升瓶はなく、原酒のみのGETであった。(今は
逆に原酒は入らない)
こうやって手に入れる兼八は、この特約店でも今では新規の客の予約
は受け付けてくれず、さらに四ツ谷酒造のホームページでは特約店一
覧は掲示されていない。

※「減圧蒸留」と「常圧蒸留」
   減圧蒸留をすると、素材特有の風味を消す減圧蒸留機によって造られ
   た「口当たりの良い」焼酎になる。
   常圧蒸留機による蒸留は、「風味の豊かな」焼酎になる。
[PR]
by nakayama119 | 2005-03-15 18:48 | Comments(0)

←いいと思ったら押してください