ブログトップ
<   2005年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

←いいと思ったら押してください
空く酎、開けた酎
d0003646_19241935.jpg毎日毎日飲むと、一升瓶がなんぼでも空くと思うがなかなか空かない。
が、「薩摩藩」は完飲です。

良かった~
それでええのに決まっている!あたり前!!
座敷に鎮座している焼酎たちを次に飲むために取って来るときの気持。

なんと言えばいいのか・・・・
あほか!!!
馬鹿やね!!
焼酎やで・・・(^0^*オッホホ
いってらっしゃい~~!

甕幻 本坊酒造 津貫工場
〝生〟は、まろやかな口当たりのいい&喉越しサラリ感がくる。
〝湯割〟・・・ゆるやかな舌触り、まろやかな飲み口?
判らない部分がある味わいが入っている。
石蔵に置いた素焼甕にて熟成された故にこの味わいが出るのか?
[PR]
by nakayama119 | 2005-10-31 19:40 | Comments(0)

←いいと思ったら押してください
昨日の購入酎
昨日に買った&届いた焼酎、今月はこれで〆になる・・・多分

「桜島 年号焼酎」「寿」・・・鹿児島の酒屋から各々〝¥1,701〟で。
「兼八」・・・地元の特約店で〝¥2,100〟
「明るい農村」・・・同じく地元の最近に行きだした酒屋にて〝¥2,500〟
d0003646_196249.jpg
「兼八」は、以前まで四ツ谷酒造のHPに載っていた正規取扱店にて、昨年の11月に予約していたものがやっと入ったもの。
正規取扱店なのに主人曰く、月に3本しか入らないようである。
何でなんでしょうかね!?
蔵元、酒屋さんの諸々の事情があるのは判るが、ここではこのへんにする。
次回の予約は・・・・入荷状況が悪く先が見えないとのことで、好転すれば連絡があるようだ。
余談だが、ラベルの端にある注意書きに妊婦への項目が増えたのと、販売店のスタンプが押してある。

「明るい農村」は復活した時に鹿児島に行ったのだが、人気があり買えずに帰ってきた思いが残っており、最近は落ち着いてきたのか我地でも相当見かけるようになり購入する。
[PR]
by nakayama119 | 2005-10-30 19:19 | Comments(7)

←いいと思ったら押してください
桜島年号
桜島 年号焼酎~2005~」 本坊酒造津貫工場 鹿児島県加世田市

今年も飲みたいと思い地元での購入をと探していたが見つからず、結局ネットでの購入となり今日届いたもの。
今年に収穫した芋だけを使って、仕込み、蒸留、瓶詰めをした新酒。
裏ラベルには、〝新酒としての、旬のうまさを味わっていただくことはもちろん、瓶貯蔵することにより、熟成していく・・・・〟とあり、瓶内熟成があることを認めているが、空気に触れない瓶の中での熟成があるというのは興味深い。
d0003646_18495066.jpg
まずは〝生〟で、香りは特に感じずそのままで一口含むと、新酒の感が頭にあるのか〝新鮮〟?
判らないまま〝68℃〟くらいの湯を使い6:4で割ると、いい心持の適度な湯割になる。
そうすると、鮮烈な芋香はないがほんのりといい香り、飲むぞという気持を高ぶらせる桜島の噴火に似た気合は感じる。

口唇にはあっさりとした滑らかな中に芋味を持ったやや荒の旨味を感じ、その次に感じる舌にも変化をしない味が伝わり喉越しよく入っていく。
その後冷めてくると馴染んでくるのは当然だが、更なるやさしさが味わいにプラスされる。
これで¥1,701
うまいで~焼酎!やめられん
[PR]
by nakayama119 | 2005-10-29 19:00 | Comments(4)

←いいと思ったら押してください
赤霧島
赤霧島 霧島酒造 
何回目の発売になるのか?
毎回欠かさずに買える環境にあるので買っている。
今回もHahaのパート先のスーパーにて陳列されたので、1本買ってきてもらったもの。
d0003646_18595422.jpg

発売当初から瓶、ラベルの容姿は変らないが、中身は試行錯誤しているのか〝変っている〟という方もおられるように、発売ごとにいろいろ変化を与えているのかもしれない。

では、味わいは・・・・とはいけない。
甕に入った発売当初もの、瓶に残った今年3月のものがあるので、更なる1瓶は開けられない。
何処かのどなたかのレポートに期待したい。
¥1,170
[PR]
by nakayama119 | 2005-10-27 19:02 | Comments(2)

←いいと思ったら押してください
ローカルフード
JAF Mate 11月号に紹介された隣町、その隣町、またその隣町のローカルフードを味わいに行く。

まず、「高砂や♪、この浦船に帆を上げて♪♪‥…・」の謡曲「高砂」で知られるこの街で町おこしのために売り出した「にくてん」
メリケン生地にキャベツ、味付けしたすじ肉こんにゃく、ジャガイモを載せて焼き、2つに折りたたみソースを塗り出来上がり。
すじコンの味がよく出ており、入っている具にも事前に味付けがしてあるので〝ソース味〟onlyにはなっていない。
¥400也
d0003646_1894584.jpg

次は、1つ街をとばして「子午線の街」
地元では「玉子焼き」と称する「明石焼き」(たこ焼き)
ホワッと焼いた、たこ焼きをだし汁に浸けて食べる。
この店の大きさは普通のたこ焼きの大きさで、だし汁は昆布だしの醤油味
ソースを塗らずにだしに浸けて食べると、う~ん、味が入ってこない?

では、いつものようにソースを塗ってだしにつけると、うん、まあまあかな、やや焼きが堅いように思うのは玉子を多く使っているからか?
私の地元の駅地下にも同じようなものがあり10個で370円で、大きさは1廻り大きく全体に柔らかく中はトロットロ
好みは・・・・・
d0003646_18104648.jpg


ついでに酒屋に寄りこの2本をGET
やや偏ったものばかり買うが、好きなんですね~~この2本はハイ(^-^)/
「三岳」 ¥2,079
「さつまの梅酒」 ¥1,995
d0003646_1836257.jpg

[PR]
by nakayama119 | 2005-10-26 18:33 | Comments(4)

←いいと思ったら押してください
シャコ
ほんとうに日に日に寒くなるのが実感する今日この頃。
年中定時に帰宅する私は、実に太陽の動き恩恵が判るようになり明るければ動く、暗ければじっとして酎を飲む生活になっている。
d0003646_18471085.jpg

18時頃から始まった飲みは・・・・
Hahaの好物「シャコ」
自身が勤めるスーパーの姉妹店にて、1パック〝250円〟の小振なものしかなかったが買って自宅にて湯がいたもの。(湯がきのこだわりがあり生しか買わない)
私はこの姿がどうしても合わなく、触るのが嫌なのでHahaによる剥き身をいただく。
祭りには必ず出てくるこの〝む○〟いやいや
〝シャコ〟見かけとは違いうまい!
[PR]
by nakayama119 | 2005-10-25 18:49 | Comments(2)

←いいと思ったら押してください
昨日は・・・
昨日は、ゆめさき剣友会のBBQが10:30集合で行われ、昼酎をいただく。
飲まない先生に送迎をお願いし、11:00過ぎから始まった飲みは、何時に終ったのかは私&Haha共全く覚えていない状態で、先生に送っていただいたので無事帰宅。
その直後にはぐっすり寝ていたようで、実に12時間以上の睡眠をとり2日酔も全くなかった。

飲んだのは奥に見える「百秀」
↑状態では味わいは覚えているはずもなく、もう1本あるものを開けたときにする。
d0003646_18555689.jpg

今日は「ひっとべ 薩摩藩」 軸屋酒造 鹿児島県薩摩郡宮之城町平川1427

〝生〟で香りを嗅ぐと、ほんのりほんわかの芋香がし、口に含むとサラッとした柔らかく感じる甘味がある。
〝湯割〟は、芳ばしい芋臭がほんのりと鼻の中に入る。
味わいは?
やさしい口当たりの控えめな味で、やや物足りない気もする。
ラベルからするともっと荒々しい味わいを感じたのだが・・・

これを書きながら、〝万年星〟をロックで飲み完飲。
[PR]
by nakayama119 | 2005-10-24 19:13 | Comments(1)

←いいと思ったら押してください
天文館
d0003646_19112617.jpg一気に冷え込んだ今日は最初から湯割で望む。

まずは旨いものから「萬年 白麹」
いまさら言う事もない湯割が旨いもの。
次は「天文館」 宇都酒造 鹿児島県加世田市益山2431

これは前々からラベルと名前に惹かれて欲しいと思っていたもので、昨今の〝だんちゅう〟の煽りを受け人気が出てきたらしい。

まず〝生〟での香りは、芋の香りを感じないのであっさり系?と思いつつ口に含むと、甘さが強く感じられ予想がはずれる。
では〝湯割〟はどうか?
若干ではあるが芋の香りが発ってきたが、味わいは生の味わいそのままを温かくしたあっさりとしたものとなっている。
[PR]
by nakayama119 | 2005-10-22 19:26 | Comments(6)

←いいと思ったら押してください
レギュラー
伊佐大泉 大山酒造 鹿児島県伊佐郡菱刈町荒田3476

以前4合瓶を買ったのだが、1升瓶が欲しく手に入ったので飲んでみる。
d0003646_18574241.jpg
〝生〟での味わいは、あっさりスッキリとし〝チビチビからクイックイッ〟という動きになる、いい感じ。
では、私の好みの湯割ではどうか?(以前に飲んだが忘れている)
芋の芳ばしく甘い香りがプンプンとし、おお~(^_^)と味わいを期待させる。
お気に入りのカップを口に運ぶと、さらっとしたやや甘の味わいが口の中に(上顎)に染み込み、〝旨いな~〟と感じる。
その後、口いっぱいに広がるか?と思うが意に反し、スーッと切れ鮮やかとなる。
¥1,700焼酎の優等生・・・うまいで~伊佐大泉!やめられん
[PR]
by nakayama119 | 2005-10-21 19:10 | Comments(3)

←いいと思ったら押してください
GO!
d0003646_18533882.jpg
d0003646_1854239.jpg
鹿児島酒造の「號」
今月の4日に開栓したのだが、印象はそんなに良くなかった。
結局、本日完飲となったのだが空気に触れて味わいが変ってきたのか、今日の印象は最初と変っていた。
値段と相応の味わいはあるが、〝旨味〟を追求すると¥2,800に見合うトータル感を期待してしまう。

こう書くと〝不味い〟といっているような感じだが、決してそうではない!!
一つ一つのパーツを見ると実に良いものを使っている。
ラベルにしても瓶の廻り全てに巻いてあり、一面に自己主張を表している。
ではなぜ?
〝トータルバランス〟
[PR]
by nakayama119 | 2005-10-19 19:04 | Comments(2)

←いいと思ったら押してください