ブログトップ
<   2006年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

←いいと思ったら押してください
今年最後に家で飲む
明日は朝から仕事で、来年の元旦8:25まで仕事になるために今年最後の飲みになる。
長男が昨日に帰省し鍋が食べたいとのことと、私たちも長らく食していないので〝てっちり〟を焼酎の肴のメインにする。
d0003646_19105414.jpg
皆さん同じだが、いろいろあったこの1年・・・何とか来年を無事に迎えられるのを感謝
毎日、200前後のアクセスを頂きありがとうございました。m(._.)m
皆さん、よいお年をお迎えください。

今年の購入本数・・・177本(1升瓶168、その他9)
[PR]
by nakayama119 | 2006-12-30 19:14 | Comments(19)

←いいと思ったら押してください
寒いので
年の瀬の28日といえば、大掃除をするか既に終わっていないといけないのだが、昨日の好天気、ポカポカ気分も一気に吹き飛ぶ寒さに、何かと口実を付けて逃げたい気分になり正月用の焼酎と肴を買うということで走る。
d0003646_1912854.jpg
【天狗櫻】白石酒造 2本目の購入、旨味がいっぱい感じられる
【黒吉】白石酒造 名前だけは知っていたが、白石のものということで
【なかむら】中村酒造 前回の百貨店での購入は見送ったが、買えるとなった
           ら貰っていた
「白えび」 久しぶりの購入になるのでよく覚えていないが、甘えびよりしっ
      かりした食感
「海鮮せんべい」 〝かにせん〟〝たこせん〟素材の風味を生かし、芳ばしく
         て歯ざわりが良く焼酎の肴にお勧め

今年の焼酎の購入は、これで〆とする。
1月~12月までの購入金額は昨年よりも増えており、購入金額を記録し始めた一昨年と同じくらいになっている。
[PR]
by nakayama119 | 2006-12-28 19:13 | Comments(9)

←いいと思ったら押してください
芋麹全量
宝山 麹全量 西酒造 鹿児島県日置市吹上町与倉4970-17

d0003646_20181432.jpg昨年は購入出来なかったので、今年は絶対に飲んでみたいと思い予約で購入可となる。
〝生〟では、フルーティーでジューシー?というのか?
〝湯割〟は、芳ばしい芋の香りが立ち上がっており28度ということで心持湯量を多くしたのだが、〝力〟のなくなった味のように感じたのでやや濃い目の味にすると、いい感じの甘さが出てきた。
この後は、飲み込むと鼻から抜ける旨味がしっかりと感じられ、後味がスッキリとしてなんぼでも飲める美味しい味の焼酎。
この後は「池の露」を湯割で飲むと、極端な事を言うと水臭いと感じる。
さらに「栗東」は、いい味が出ています・・・はい
[PR]
by nakayama119 | 2006-12-26 20:18 | Comments(3)

←いいと思ったら押してください
今年最後の買出し
大阪での忘年会のついでに、酒屋で今年最終の予定となる焼酎を購入。
d0003646_18364280.jpg
【萬年無濾過】渡邊酒造 昨年のものがあるが、今年の味が見たくて1本だけ
【山元】山元酒造 前々から気になっていたし、手ぶらで酒屋を出辛かった
【池の露】天草酒造 この味はもう少し飲んでみたい
【芋麹全量】西酒造 昨年は買えなかったので今年は予約で2本
[PR]
by nakayama119 | 2006-12-24 19:05 | Comments(15)

←いいと思ったら押してください
大和桜
大和桜 大和桜酒造 鹿児島県いちき串木野市湊町3024
d0003646_19371073.jpg
〝生〟は、あっさりとしてやや頼りない味と感じるのでもう一口飲むと、飲みやすい味だと判る。
〝湯割〟では、芳ばしい香りがありさらりとサッパリした味で、飲み込んだ後に喉に残るような刺激があるのが心地よい。
【本手造り甕壺仕込】とあるが、「手造り」の定義として「麹蓋(麹蓋に代わる箱を含む)を用いて自然換気品温室で、自然換気、通気と手入れ攪拌によって製造した麹を使用した焼酎乙類でなければ「手造り」の文字を表示してはならない」とされているらしい。
値段と味を考えての評価は、まあこんなものか。

余談だが、肴の切り落としはHahaのパート先では上からの達しで、店頭に出して売ってはいけないとなったので、従業員のみの購入可となった。
[PR]
by nakayama119 | 2006-12-22 19:40 | Comments(4)

←いいと思ったら押してください
三岳
今年もあと僅か・・・・
大掃除、年賀状どちらもまだなので〆にかかるが、大掃除は今日は止めにして年賀状の作成をするためにプリンターのインクを買いに行く。
考えれば今年この店では色々なものを買ったなと思い、黒&カラーインクカートリッジをポイントにて購入する。

その後酒屋を覗き、偶然に「三岳」を購入できた。
思えば、今年1月に買ってからの久しぶりの購入になる。
d0003646_194437.jpg
前から気になっていた事だが、瓶に入っている焼酎の量が少ないのではないか?と思っていたのだが、しかし、他のものと比べると同じだったので私の勘違いであった。
さらに今回気付いた事であるが、瓶によって形が異なっている、瓶のラインが微妙に違っているのが判った。

肴は、〝赤いかのゲソ天ぷら〟物が大きく味もしっかりしているので食い応え十分で満足する。
[PR]
by nakayama119 | 2006-12-20 19:47 | Comments(9)

←いいと思ったら押してください
六代目百合
六代目百合 塩田酒造 鹿児島県薩摩川内市里町里1604

d0003646_1931441.jpg新規銘柄の開栓ではないが、この焼酎の在庫が増えたので久しぶりに開栓して飲んでみる。

今日は生では飲まずに、やかんの注ぎ口から蒸気が立ち上がりシューっという音が聞こえるやや熱めの湯で湯割を作ってみると、やや濁っているような感じがあるがこの焼酎は無濾過ではないので濾過が幾分抑えられているのであろうか?      濁り?⇒

味わいは、今までに何本も飲んでいるので覚えているつもりだったが、思っていたものと違っていたので自分の記憶の曖昧さを痛感する。
その感覚は3杯目からは味を思い出し、4杯、5杯と飲んだ後は「十六代」へとバトンタッチする。
[PR]
by nakayama119 | 2006-12-19 19:15 | Comments(4)

←いいと思ったら押してください
忘年会
仕事場の忘年会
d0003646_9483411.jpg
20代後半1名、30代半ば1名、私を含む40代後半3名の合計5名での忘年会は、夏の懇親会に続きまたもや〝焼肉〟となる。
あっさりと魚系で焼酎をタップリと飲みたかったのだが、皆さん肉が好きなようで日時を私に合わせてもらうことで決行となった。

場所は飲酒運転だけは絶対にしないようにと、公共交通機関での参集解散が可能な駅前の店という条件で、さらにこの店の〝焼き豚〟が終ってしまったTV番組〝どっちの料理ショウ〟に使われたということで決まったらしい。

d0003646_956486.jpgまずは店員さんお勧めの
〝←焼きしゃぶ↑〟

片面をサッと4~5秒焼き、ポン酢のたれで食べるのだがこれが
ワハハハハハ (^O^) うまい!

乾杯の生ビールは一口だけで早速焼酎メニューをみると、おお、いろいろ取り揃えてあるので一安心するが「森伊蔵¥2,500」で笑ってしまう・・・

で¥500ものの焼酎「?」忘れたが湯割で貰うと、並々と入っているのでなかなか良心的だと感心すると、やっぱり・・・温度はいいが薄い!

次に来たのが〝和牛肉刺し〟
いい感じで油が入りしつこくないのが良い。
d0003646_1091925.jpg
2杯目の焼酎は湯と焼酎を別々に貰うが、なんと!焼酎が猪口に入ってきた。う~ん60mlか・・・湯はタップリ1合で良心的?

〝馬刺し〟
たてがみも挟んであり、霜降りのうまい肉。
d0003646_10232492.jpg


d0003646_1029380.jpg〝特選ロース〟
この頃になると地鶏、タン、海鮮、野菜も食べそろそろ肉に飽きてきた。
焼酎も5杯ほど飲んだが何を飲んだか覚えていない。
最初の1杯を選んでいると、店員が『お勧めは宝山のなんとらかんとら』と言いかけたので、『ああそこのはいいです』と断ったのは覚えている。


d0003646_10495190.jpg
黒豚と白豚の焼き豚
    〝豚天火〟
普段自分では食べられないものばかりを頼んだのだが、土産に〝焼き豚〟を付けてもやはり会費の¥18,000は使い切れず、新年会へと持ち越す。
[PR]
by nakayama119 | 2006-12-18 21:00 | Comments(12)

←いいと思ったら押してください
ひとり歩き 黒傳
ひとり歩き 黒傳 古澤醸造 宮崎県日南市大堂津4-10-1
黒麹を使っているので、「ひとり歩き」の黒麹版か?d0003646_1942467.jpg

〝生〟でフルーティーな香りがし、軽やかな口当たりとサラッとした感触がある味は飲みやすい。
〝湯割〟は柑橘系の香りで、穏かな甘さとサラサラとした舌触り、そして雑味のない独特な味はジョイホワイトの焼酎だと感じ、冷めても味は落ちず崩れない。

そういえば最近に飲む焼酎の感想は、良い事ばかりで悪い評価はないがこれは確かに不味いと感じた事がないので仕方がない。
ただ、苦手な味があるときには合わないと書く。
[PR]
by nakayama119 | 2006-12-15 19:45 | Comments(9)

←いいと思ったら押してください
買出し
長期熟成貯蔵 あまみ長雲
黒糖焼酎「長雲30度」の5年貯蔵もの
d0003646_19194893.jpg
12月14日は、この地では忠臣蔵での話題が挙がってくる。
赤穂市では「義士祭」があり、いろいろな行事(パレード、剣道大会etc)が予定されているので、明け番の今日は行くつもりだったが、あいにく?の天気もあり急遽予定を変更し年末年始の買出しに行く。

まずは酒屋さんに入りキョロキョロすると、「長雲」「一番橋」・・・おお、いろいろあるなと思い見ると、ああ、あるな、うん?(ビックリ)
「大古酒長雲」・・・おお! (これは家に2本ある)
「黒天狗」「天狗櫻」があったので買いたかったのだが、以前買ったときの印象が両極端だったので、どちらがどうでどっちが私に気に入りの味だったかを忘れていたために止めにして、の1本を購入。
そうそう、今日始めて薩摩茶屋の5合瓶を見た。

は、本題の蟹買いで〝おまけ〟で貰った〝せこ蟹〟・・・内子がいっぱい入っていて焼酎の肴にはもってこい!
チビチビほじくり、グイグイと飲む・・・いいやんかあ~
メインの蟹と赤いかは正月用に眠りにつく。
d0003646_19204060.jpg
〝赤いか〟と〝蟹〟

d0003646_1921943.jpg
〝赤いか〟の皮を剥いたところ

[PR]
by nakayama119 | 2006-12-14 19:34 | Comments(8)

←いいと思ったら押してください