ブログトップ
<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

←いいと思ったら押してください
飲んでます
d0003646_18201497.jpg
ある酒屋さんの談(ネットから)
「このにごり酒・・・なんて表現したらいいんだろう。弱っちゃったな・・・」
それが第一印象でした。とにかく「濃い!」お米のつぶつぶ感があり、色は真っ白。グラスをかたむけると「ドロリ」クリームスープのような濃厚さ。香りがひときわ良い。1月の酒蔵の匂いがする。一口飲んでみた。「ゴクリ」という感じじゃないですね。「ズズズ・・・」舌で転がすと、お米がほんわか溶けていきます。すっきり辛め、新酒の味。「どう説明したらいいのか、これは・・・」うんと濃い甘酒を想像していただいて、味は辛口純米酒という感じでしょうか。「おかゆ」と日本酒、恋をした・・・そんな感じでしょうか(どんな感じだろう??)「うまく説明できない!」これが一番うまい説明かもしれない・・・そんな酒なのです。

私たち
すっぱい味
とろ~っとしている。
うまい!
こんな味・・・好き


d0003646_18212461.jpg

〝生〟ではスッキリ系の飲みやすい軽い?というか、味がわかりにくい感じがする。
〝湯割〟芋の主張する匂いは感じず、湯割での味は〝ダメ〟かと思うが口に含むと、〝がつん!〟と来る芋旨味ではないが、軽めの飲みやすいスッキリ系の〝芋味〟が出ている。
[PR]
by nakayama119 | 2010-01-30 18:25 | Comments(9)

←いいと思ったら押してください
えらいこっちゃ~
1月14日の最終更新日に、母が自宅内で転倒して足を怪我してしまい、動けない立てない状態になってしまった。
腫上がった紫色状態の足は、整形外科での診断結果、骨折はないもので冷シップ貼付での安静が必要とのこと。
独居の母はトイレ、食事に支障が出るので入院を頼むが満室。
で私とHahaの交代での看病が始まった。
幸い先日に入院が出来たので一安心。
ところが、一向に腫れが引かない熱がとれない・・・
結局、骨折でした~~

こんな中でも飲んでいた我家
空きの時間に地元を一っ走り~
d0003646_17413612.jpg

私とHahaは自宅に戻ったので、ぼちぼち更新
[PR]
by nakayama119 | 2010-01-27 17:42 | Comments(4)

←いいと思ったら押してください
寒いので、また鍋
むちゃくちゃ寒いので今夜はカレー鍋で飲む。
d0003646_19444442.jpg

八重桜原酒を〝生〟で
開栓してから2ヶ月くらい経っているので、まろやかになっていると思うが、元々36度以上37度未満とあるので4:6の湯割にしてみる。

開栓時に感じた〝きつい〟〝アルコール臭〟は、本来の〝芋味〟よりも勝っていた。
そんな中で飲んでみると、やはり〝アルコール臭〟が感じられる。
寒い今日は36度ある焼酎に合わせ、4:6の湯割にしてあるので温度的にはちょうど良くなっている。
口当り、舌触りは程よい刺激があり心地良く、その後に鼻腔へスコーンと抜けて行く〝湯割焼酎〟の持つ味わいがあり、これは〝辛口焼酎〟と認識する。

思えば、在庫にこの焼酎の1升半の甕があった・・・
[PR]
by nakayama119 | 2010-01-14 19:45 | Comments(4)

←いいと思ったら押してください
寒いので蟹すき
赤江
落合酒造場

紫優を使った焼酎の中では、発売が早かったのでは?
4年くらい前に、地元の宮崎地鶏か薩摩地鶏を食べさせる店で始めて飲み、そこそこ旨かったので紫芋への考えがちょっと変わった1瓶で、その時に買っていた物。
d0003646_20482790.jpg


〝生〟味はしっかりしており、口の中で暴れるような嫌味はないので、〝おぉ うまい〟と納得する。
〝湯割〟は、芋皮をかすかに感じる芳ばしい芋香があり、サラッとした口当りと舌触りで、薄甘い芋味は口の中でそこそこに残りながら、喉奥へ自然と流れていく。
紫芋で感じるのは、この紫芋が持つ独特の味かもしれないが、何かプラス味がある。
[PR]
by nakayama119 | 2010-01-13 20:50 | Comments(7)

←いいと思ったら押してください
「くらら」を坦々鍋で
くらら
岩倉 幸雄

d0003646_19425272.jpg
裏ラベル
〝「月の中」の姉妹品。新酵母(1133株酵母)で造った焼酎。穏やかな綺麗な薫りが漂う。香り絶品。味・旨み申し分なし。ロックで飲むと最高に旨い。老若男女どなたでも楽しくいただける焼酎です。〟とある。

ええ~、ロックでは飲まないので・・・・

これは昨年の〝市場祭り〟に持って行き開栓していた物で、久しぶりに飲んでみる。
〝生〟ではなく、いきなり〝湯割〟で飲む。

口当りはすこぶる良く、舌触りさらさらのスッキリ爽やか。
口中に感じる芋味は、口中に程よく留まり甘さ控えめでツンツンとしたところがなく、柔らかく喉へスルスル落ちていく、飲みやすいまろやかな味わいの焼酎。

湯割での私の好みはガツン!系だが、たまにはこんなのもいいかも・・・
[PR]
by nakayama119 | 2010-01-11 19:45 | Comments(5)

←いいと思ったら押してください
ブログ
焼酎が好きで、この気持ちを表現するために始めたブログ。
何も判らずにあちこち触りながら、真似をしながら始めたブログ。
自己満足の場にコメントをいただき、嬉しくて続けてきたブログ。
こんな中でだんだんと更新を怠ってほったらかしにしていたのに、アクセス数は変わらず続いているのに、ビックリして、また反省している。
続けようと思う・・・

昨年に購入した焼酎&清酒(かなり少ない)は~~~~
合計本数 91本(全盛期の半分以下)
購入金額 当然、全盛期の半分(かなり減った)

で、今日飲んだ(新規開栓)焼酎は↓
ねむれねむれ
鹿児島県志布志市松山町尾野見・・・
大久保酒造
d0003646_19171582.jpg

〝生〟は、キリッとしたすっきりでこのまま飲みやすいと思う。
これは、清酒(奈良萬おりがらみ)を飲んだ後なので、普段は焼酎の生を飲みやすいと思ったことがないので、飲み順のせいかも知れない。

d0003646_1918986.jpg
次には、〝湯割〟で
いつもの如く臭いからいくと・・・
芋の香りというより、何か変わった臭いが入ってくるのはなぜか?
変わった臭いというと、私の表現では〝薬っぽい〟というが、これは今までに感じた事がない臭いになる。
〝くさい〟とは違う臭い(難しい表現)

口当り、舌触りは柔らかく穏やかで、芋味を感じない(残念)おとなしい湯割となり、「ねむれねむれ」の名前と合うの?・・・?かも?か??
喉越し爽やか、後味すっきりの飲みやすい焼酎です。

トータル・・・いいかもしれないが、次はすすんでは買わない?かも、ない。
[PR]
by nakayama119 | 2010-01-09 19:18 | Comments(11)

←いいと思ったら押してください
初買い
今年初めての酒屋通いは神戸か地元か?悩み、狙いの清酒の出荷状況などを調べ、また道路状況などを考えると、加古川BPの8km渋滞の情報を総合して、地元の酒屋さんへ伺う。

棚と冷蔵庫を見ると、がらがら状態で年末の繁盛さを伺わせ、内心〝神戸もこんなんや〟と思い一安心する。
そんな中でこれらを購入する。
d0003646_18155036.jpg


今夜は、これで飲む↓
d0003646_1816164.jpg

姫路にも店がある「Chanko Dining 若」のちゃんこ鍋の素でのちゃんこ鍋
この店には開店早々に2回ほど行ったが、そのときの味が思い伺え納得できるうまい味が出ている。
[PR]
by nakayama119 | 2010-01-07 18:17 | Comments(4)

←いいと思ったら押してください