ブログトップ
PB
・平成 大慶 尾込商店 辰野酒店のプライベートブランド
d0003646_1953932.jpg
黒麹仕込で、おいしい飲み方が書いてある
・あつ燗(55度以上のお湯割り)
・お湯割り(お好みの濃さで)
・水割り
・オンザロック(氷割り)◎
私の好みは、当然湯割り!  夏でも飲みます。
芋と皮の臭いがかすかに鼻につき、まったりとした味が口中に広がったあと、すっと切れる。
抱き合わせの焼酎で4本目の購入になるから、うまさが判ってきた。
[PR]
# by nakayama119 | 2005-04-07 19:05 | Comments(4)

←いいと思ったら押してください
今日も飲酎
鷲尾 田村合名
 ・黄麹かめ壺仕込み

d0003646_19101694.jpg
いつもの如く湯割で。
臭いはほとんどしない(飲みすぎで感じない?)
口に含むと、やや甘いうまい味が上顎から染み込み鼻腔まで届くような感じで口一杯に広まっていく。そのまま喉から食道、胃へ。
生ではもちろん、ロック、水割りは・・・・飲んでいないので判らない。
湯割専門のTiti&Haha、暖かくなったら湯割以外で。

いつもの酒屋ではブームのせいか見かけなくなっていたが、他の銘柄で立ち寄った酒屋にそっと置いてあったもので、傍には純黒もあり当然定価での購入。
日本酒圏のこの地でも飲めるこのうまさに感激か?
[PR]
# by nakayama119 | 2005-04-06 19:12 | Comments(0)

←いいと思ったら押してください
山小舎の蔵
真鶴 山小舎の蔵万膳酒造

湯割で口に含むと・・・d0003646_1993872.jpg
ほのかな香りが鼻に、口の中では舌の先に感じる味が染みとおり口の中全体に広がる。その後、喉を過ぎるうまみ成分。(うまい、まずいは判るが、表現がヘタなTitiです)

裏ラベルには、使用している麹米、芋、麹菌、仕込水の説明がある。
これは白麹を使っているが、このほかに黒麹を使った〝真鶴〟もあるが、こちらはまた後日に・・・・・

私の大のお気に入り〝真鶴〟は、昨年にいつもお世話になっている鹿児島の酒屋に行ったときに、1年に1回しか出荷(入荷か?)しないのに偶然入ったのを購入できたもの。
この〝真鶴〟にはラベルからそそられる物があり、絶対ほしいと思っていたので感無量。
[PR]
# by nakayama119 | 2005-04-05 19:11 | Comments(1)

←いいと思ったら押してください
禁酎日やけど飲んでもた
不ニ才佐多宗ニ商店 
d0003646_1991099.jpg

最初に買ったのは2年位前、ネットで何本も買えるくらい普通に見ていたが、最近はなかなか見かけない。
で、今回のものは、二女の退寮の際に鹿児島の酒屋で購入したもので、以前から普通に置いてあるので気にもしてなかったが、それならば?と買ったもの。
味は・・・・酔っているので、うまい!!としか書けない\(@_+ ) ヒック!
今日は禁酎日やのに飲んだのは・・・二女が運転免許をとったのでお祝いσ(^^)
親バカ~~!!
[PR]
# by nakayama119 | 2005-04-04 19:11 | Comments(2)

←いいと思ったら押してください
こんなところに
焼酎道場 導師 櫻の郷醸造

d0003646_2024777.jpg
が( ・_) ツーンとは来ないが、黒麹の甘味うまみがあり、やや重い味わいは喉越しがしっかりと感じられる。
この独特の味、ハッカ?ニッキ?いや!違う!表現が出来ないがうまい!

この「導師」、二女の引越し先の〝尼〟のディスカウント酒店に置いてあったもので、以前からネットで名前だけ知っていたのと定価なので早速購入したもの。
期待して入った店ではないが((^^)) ドーモ、スイマセン、 そこそこの品揃えだった。

※「導師」とは、悪霊を追い払う崇高な僧侶の意味
[PR]
# by nakayama119 | 2005-04-03 20:26 | Comments(0)

←いいと思ったら押してください
プライベートブランド
「とみのくら」とみやまPB(鹿児島酒造)
d0003646_1920122.jpg 
鹿児島の〝とみやま〟さんちのPBブランド。
・黒麹仕込
・黒瀬安光 杜氏

湯割で飲むと・・・・・
芋のいい臭いが左右の鼻腔からスーッと入ってくる。
口に含むとほんのりと甘味が感じられ、旨みが上顎に染み込むと同時に
咽頭を通り過ぎる間、感じられる。
うまい!
※並んでいるポットは、以前のものが割れてしまい(落したら中のガラス?が割れてしまった。
いまどき割れるんかい!ええ!?)
今度のはステンレス製
で、焼酎の肴は・ショボイ(´ヘ`;)ハァ

※2余談?かな?
今日は、鹿児島のある酒屋での「村尾」の電話申込みだった。
初めてHahaとかけたのだが、繋がるはずがない!
今更にして人気のほどがわかった。
\(__ ) ハンセィ
[PR]
# by nakayama119 | 2005-04-01 19:21 | Comments(4)

←いいと思ったら押してください
Hahaがダウン
「族」 大手門酒造

これは、先日までNHKで放送していた〝わかば〟のロケ地になった宮崎県日南市にある蔵元『大手門酒造』で作られており、これ以外にも個性のある新しい焼酎を次々と出してきている。
また、宮崎市内にはアンテナショップの【アルデバラン】を出店し大手門酒造の全焼酎を無料で試飲できる。
この「族」は、黒麹を使い濾過をせず旨み成分を残し芳ばしさとコクのある味わいになっている。

ところで、横にある〝お粥〟は、Hahaが今朝からダウンしこれしか食べられない状況になっており、今年になっての10日目くらいの禁酎日だ。
d0003646_1926286.jpg

[PR]
# by nakayama119 | 2005-03-31 19:27 | Comments(3)

←いいと思ったら押してください
赤霧島
「赤霧島」 霧島酒造

〝ムラサキマサリ〟の芋を使い一昨年に発売になった。
甕に貯蔵した1年半物は、甕の効果は見られず、そのままの味、風味となっている。
隣の5合瓶は昨年に出たもので、ここらのスーパーには定価を切った値段で売られていたものである。
で、また先日に入荷しだし、1178円で売っている。
味だが芋の臭い!良い臭いが出ておらず、ラベルに書いてあるようにポリフェノールを多く含んだせいか、赤ワインのような香りがする。
だから甕の中、座敷には多くの赤霧が・・・・
d0003646_1845364.jpg

[PR]
# by nakayama119 | 2005-03-30 18:55 | Comments(1)

←いいと思ったら押してください
なかむら
「なかむら」 中村酒造場
このラベルには、
    〔芋農家〕コガネセンガン(松山町・津曲福美氏)
    〔米農家〕ヒノヒカリ    (霧島町・今村 勉氏)
    〔仕込水〕霧島連山伏流水
    〔麹菌〕手作りこうじ   (㈱河内源一郎商店)
    〔杜氏〕杜氏歴50年   (金峰町・宇治野 正)  
                           との記述がある。

これは昨年に宮崎の某酒店で、「みやのつる(泡盛)」・「天草(米焼酎)」との抱き合わせ6700円で購入したもの。
それ以前には、鹿児島の酒屋にて「なかむら」を含み6本定価での購入。
そして今日、「甜」・「なかむら」・「はなたれ(銘柄忘れた)」・「おすすめ芋焼酎」の4本で11500円(込々)で購入。
自分では定価、定価に近い値段で購入しているつもりなのだが・・・d0003646_2111533.jpg  
[PR]
# by nakayama119 | 2005-03-29 21:13 | Comments(4)

←いいと思ったら押してください
飲んでもた
節酎中なのにHaha(奥さん)に嫌な事があり、飲みたいとの事で飲んだ。
この町では買えない(定価)焼酎なのだが、宮崎に行った時に必ず寄る酒屋にはいつも普通に置いてある。
最初に行った時は、棚から取るのに〝これ、いいんですか?〟と聞いたくらいに、こちらでは売っていない。

宮崎焼酎らしく?やさしい味わいの中に、しっかりと芋の香り味わいがあり、いくらでも飲めるひょっとして危ない?焼酎なのか・・・
ひとたび、食卓に出せば見る見る間に減っていく1瓶である。
「萬年 白」
d0003646_19432356.jpg
 
[PR]
# by nakayama119 | 2005-03-23 19:44 | Comments(4)

←いいと思ったら押してください