ブログトップ
禁酎中なんで飲んでない
d0003646_19201456.jpg「森伊蔵」ご存知プレミア焼酎の王様。
正規の販売店以外では、なかなか定価では買えないので、電話抽選での販売ルートがある。
全国から何万?もう一桁上か?の申し込みがあるようで、昨年の偽物事件以来、申込件数が何倍?何十倍になってしまい、抽選申込電話自体が繋がり難くなってしまった。

この1本は昨年の3月に毎月12本の申込電話のうち、9ヶ月目にやっと当たったものである。
プレミア価格最高で40000円くらいの値段が付いている。
うまいのはうまいが到底、こんな価格で買う気はない。
手に入れた人のうち何人が実際に飲んでいるのか?ほとんどの方が飲んでいると思いたいが、インターネットオークションをみるとかなりの本数の伊蔵が売りに出ている。
今月も15日から申し込みが始まっているが、繋がらない。
[PR]
# by nakayama119 | 2005-03-16 19:26 | Comments(0)

←いいと思ったら押してください
今日、これを買うたで
「兼八」 大分県四ツ谷酒造
この辺の酒屋、スーパー、コンビニで流通している〝〇〇ちこ〟とは
違うはだか麦を使用し、蒸留も減圧ではなく常圧蒸留を行っている。
d0003646_18504693.jpg

うまいものは皆よく知っておられ、また昨今の焼酎ブームでこの兼八
も手に入れ辛い一瓶になっているのだが、偶然にも四ツ谷酒造のホー
ムページを覗いたときに全国の特約店一覧が出ていた。そこになんと
我街に一軒の取扱店があったのだ。
当然、買いに走ってもらった(近くの親戚のおば様です)が、日本酒圏
のこの地においても「兼八」の威力は衰えず、予約でしか買えない状
況で2ヶ月待ったが一升瓶はなく、原酒のみのGETであった。(今は
逆に原酒は入らない)
こうやって手に入れる兼八は、この特約店でも今では新規の客の予約
は受け付けてくれず、さらに四ツ谷酒造のホームページでは特約店一
覧は掲示されていない。

※「減圧蒸留」と「常圧蒸留」
   減圧蒸留をすると、素材特有の風味を消す減圧蒸留機によって造られ
   た「口当たりの良い」焼酎になる。
   常圧蒸留機による蒸留は、「風味の豊かな」焼酎になる。
[PR]
# by nakayama119 | 2005-03-15 18:48 | Comments(0)

←いいと思ったら押してください